三菱UFJ信託銀行
株主総会に関するお手続きサイト

次の画面へ



インターネット通信で使用する暗号化方式「SSL3.0」の脆弱性への対応と、サーバ証明書「SHA-2」方式への移行について

本サイトでは株主様のパソコンまたはスマートフォンとのインターネット通信の際に暗号化を行っています。
従来は、複数の暗号化の方式(SSL3.0、TLS1.0等)を採用していましたが、このうちSSL3.0につきましては、セキュリティ上の脆弱性が発見されたため、取り扱いを終了することとなりました。 また、サーバ証明書につきましても、従来の「SHA-1」から、より安全性の高い「SHA-2」へ移行しました。

SSL3.0のみを使用している場合、およびサーバ証明書「SHA-2」方式に対応していないOS・ブラウザを使用している場合、閲覧およびログインができなくなりますので、ご使用のOS・ブラウザに応じて以下の手順でご対応をお願いいたします。

● 推奨する対応方法
1.Microsoft Internet Explorer の場合

当社推奨環境の以下の組み合わせでは、以下設定変更をしていただくことでご利用可能です。

   ・Windows Vista: IE7、IE8
   ・Windows 7  : IE8、IE9、IE10、IE11
   ・Windows 8.1 : IE11
  • (1)Internet Explorer の [ツール] メニューの [インターネット オプション] をクリックします。
  • (2)[詳細設定] タブをクリックします。
  • (3)[セキュリティ] カテゴリで、[SSL 2.0 を使用する]と[SSL 3.0 を使用する] のチェックボックスをオフにし、[TLS 1.0 を使用する]と[TLS 1.1 の使用]、[TLS 1.2 の使用]のチェックボックスをオンにします。
  • (4)[OK] をクリックします。
  • (5)Internet Explorer を終了し、再起動します。
2.Macintosh(Safari)の場合

当社推奨環境の以下の組み合わせでは特に設定変更することなくご利用可能です。
なお、ご利用になれない場合はアップル社のホームページ等でご確認ください。

   ・MacOS Xv10.4.8: Safari2.0.4
   ・MacOS Xv10.5 : Safari3.1
   ・MacOS Xv10.6 : Safari4.0.3

3.スマートフォンの場合(Android2.1以降、iOS4.0以降の標準ブラウザ)

特に設定変更することなくご利用可能です。なお、ご利用になれない場合は各社のホームページ等でご確認ください。